道産子通信へ戻る
道産子通信 No.7
中山啓司さん
レポート 杉野俊郎

   今回は、OB会支部長として北海道支部活動に日頃尽力されている中山啓司さんの「古希記念ライブ」の様子を紹介いたします。
   中山さんの出身は関西なのですが、ヤマハ入社以来北海道勤務が長く、転勤で浜松、東京での勤務を経て北海道に戻り
   キロロリゾートでの勤務を最後に定年を迎えました。

    

   そんな中山さんは競馬・麻雀・温泉・中国語など、多彩な趣味をもつ人でもあります。
   その中でもジャズは学生時代に軽音楽部に入り仲間と楽しく演奏することで、音楽の楽しさ、素晴らしさを満喫、
   時には “福島” のクラブやキャバレーでの美味しいアルバイトにもめぐり逢い、今でも懐かしい思い出となっているそうです。

中山さんファンクラブ?
    

   ヤマハ現役時代は、趣味で時々演奏する程度でしたが、退職後本格的にジャズコンボバンドを組み、
   セッションやライブ活動に参加するようになったとの事です。
   現在は地元のライブハウス DEBOP、ケニーバレル、JANGOの3か所を中心に演奏活動されていますが、
   本人曰く「楽しく演奏することが一番、聴衆の皆様に聴かせるレベルには
至っていません」と謙遜しています。

    
   今回は今年めでたく古希を迎えることを記念し、もう一人の仲間も同じ古希を迎えることとなるため、
   「70years old of anniversary concert」と称し、札幌のライブハウスDay&Nightで
仲間とファン(?)が集合、
   盛大に開催されました。
演奏風景
古稀のお祝い 中山さんとバンドメンバーの藤島喬さん
    
中山さん ノリノリです
    
   休憩をはさみ2ステージ、スタンダードジャズを中心に演奏、会場はビールを片手に楽しくリズムを刻む光景が、
   そしてジャズならではのアドリブの応酬で盛り上がっていました。
演奏は続く

   後半は、聴衆の年齢層に配慮してか、黛ジュン「恋のハレルヤ」堺正章「街の灯り」などもジャズバージョンで演奏され、
   中山さんの人柄を彷彿とさせる、楽しく、和やかなライブとなりました。




























2018.7.19-作成 長尾